手話検定比較的取得しやすい階級

 

 

手話検定を受験する人が増えています。
聾者との会話ツールとして手話が用いられる機会が多いことから手話を習得して聾者とのコミュニケーションを図る人が増えていますが、身内や近い人に聾者がいるだけでなく最近は自治体やお店などで働いている人も
手話を習得する人が増えてきており、こうした傾向は今後も続いていくことが想定されます。また、自分にどれくらいの手話能力があるかどうかというのは周囲から見ても分かりにくい部分があると思いますが、手話検定という試験を受験して資格を取得することによって手話能力があることを証明することができます。

 

 

 

 

 

手話検定にはさまざまな区分が用意されているのも特徴となっていますが、言い換えれば自分の知識や技術、費やすことができる学習時間などに応じて受講する階級を決めることができるので目標設定しやすいメリットがあります。

 

 

 

手話検定の中でも比較的取得しやすいと言われている階級が5級や4級ですが、5級に関しては聾者との会話が最低限できて、なおかつ自己紹介をすることができるくらいの能力が必要とされています。4級になってくると生活における最低限の手話は習得しなければなりませんが、5級については資格取得までにおよそ半年ほどの時間がかかり、4級については資格取得までおよそ1年の時間が必要と言われています。また、5級で習得すべき単語の数については200程度になっているものの、4級になってくると600以上の単語習得が必要になってくるので、一気に難易度は高くなってきます。

 

 

今まで興味はあってもなかなか踏み出せなかった人にオススメの初心者用の手話教材ご紹介!
手話を全く習ったことがない初心者でも大丈夫!
わかりやすい解説で人気の手話通訳士が
手話を楽しんでマスター出来る最善の方法を公開中!!
DVDだから何度も再確認ができて便利なうえにキャンペーンでオトク♪↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1から学ぶ【谷千春のワンステップ手話講座】

※送料、代引き手数料無料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手話検定には時間や費用がかかる

 

手話検定にはレベル設定があり、さまざまな階級に分けられているので自分の能力にあった区分の試験を受けることができるメリットがあるため、最初は下位の級から受けていき少しずつレベルアップを図るという方法を取ることも可能で、最初から上位区分の資格を取得する方法もあります。

 

いずれにしても試験を受けて合格しなければならないので、試験に向けて学習が必要になるわけですが、受ける試験の区分によっても必要なスキルや能力などは異なってくるので、事前に試験内容を把握しておく必要があります。

 

 

転職などに役立つ級になってくると勉強時間も年単位になってくるので資格取得に向けた道はかなり険しいものになることが想定されますが、それに伴って教材を購入するための費用なども掛かってくることになるので、費用的な負担が大きくなってしまうデメリットもあります。

 

 

 

 

 

また、試験を受けるためには検定料を納めないといけないので、ここでも別途で費用がかかってきてしまうわけですが、検定の区分によってもかかる検定料は違ってくるので、あらかじめ費やすことができる費用の予算を大まかに決めておく必要もあります。
手話検定を受験して合格することによって一定の手話能力があることが認められるわけですが、資格を取得しているからといって必ずしも実践の場で役立つスキルが備わっているということにはならないので、さらにスキルを向上させるためには実践も必要になってきます。

 

 

 

手話検定受験するための資格

 

手話検定を受験するための資格についてご紹介します。

聾者との会話コミュニ―ションツールになってくるのが手話による会話ですが、昔は口話法が一般的な会話ツールとして法的に決められていることもあって、手話をして会話する人はたくさんいたものの、これを教えるという学校はあまりありませんでした。

 

しかし、法律が改正されたこともあって今後は会話のツールとして手話が普及する可能性も考えられますが、企業や自治体なども積極的に手話をすることができる人を取り入れる動きを見せることも想定されます。

 

手話の能力の有無を調べるための方法として手話検定を受講して資格を取得するという方法がありますが、国家試験という区分ではないものの資格を取得していることによって手話をすることができる一定の能力が認められることになるので仕事や転職などに有利になることも考えられます。

 

 

 

 

 

手話検定を受けるために必要な資格というのは特にないので、年齢制限もなく若い人でも受講することができるようになっており、もちろん高齢者でも試験を受けることができるので仕事や転職に活かすという目的だけでなく資格取得を一つの目的にして生活の活力にする人もいます。

 

 

 

ただし、上位検定資格になってくると手話検定の特定区分を受けていてなおかつ資格を取得していることが試験を受けるための条件になっているので、いきなり一級から受けるようなことはできません。そのため、最上位区分になる一級資格を取得するためにはかなりの時間を費やすことになります。

 

 

 

 

 

世界にはさまざまな障害を抱えて生活を送っている人がいますが、そのような人たちが安心して暮らすことができる環境作りが急務になっていて、昔に比べるとさまざまな支援サービスが増えています。その中でも聴覚障害によって耳が聞こえない生活を余儀なくされている聾者もたくさんいますが、生活において聴覚がもたらす役割は非常に大きく、特に人との会話をする上では聴力は必要不可欠なものです。聾者が相手とのコミュニケーションを図る上で必須になっているのが手話と呼ばれるもので、手や腕、指などを使用するだけでなく顔の表情などを使って相手とコミュニケーションを図るのも特徴になっていますちなみに手話は一般的に聾者が使用していたコミュニケーションツールでしたが、古い歴史があるにも関わらず法律的に認められたのは2011年になってからのことで、聾学校でもあまり教授されていなかったのが特徴となっています。口の動きを見ながら相手の言語を理解するという方法が主流でしたが、法律によって言語が認められたことによって今は手話を使って相手とコミュニケーションを図る人が増えており、日常生活において欠かせないツールになっている人も多くいます。そんな手話に卓越した技術を持っていると認定されるための試験が手話検定と呼ばれるものですが、手話検定の試験を受けて資格を取得することによって聾者とのコミュニケーションを図ることができます。手話検定を習得することによって視野は広がり、仕事で言うと不特定多数の人がやってくるお店などでも聾者とコミュニケーションを図ることができるため、転職に有利に働くことも十分に考えられます。ちなみに手話検定にはさまざまな階級があるので、取得している級によっても扱いなどが変わってきますが、上級である一級を取得する場合は数年の時間を要するのでかなり学習をしなければなりません。基本的に誰でも取得することができる資格なので聾者とのコミュニケーションを図る機会が多い人は挑戦してみるのもよいかもしれません。